TEL TEL

沖縄県那覇市首里汀良町 スマイル鍼灸整骨院

ヘッダー

2017年 9月

今日は冷え性についてお伝えします。

冷え性(自律神経の乱れ)の症状

冷え性には、他の不快症状が連動しているケースがほとんどです。

室温は暖かいのに、手足だけが冷たい
夜、手足が冷たくてなかなか寝つけない
朝、すっきり目覚めず、だるさを感じる
肩や首の凝りを強く感じる
下痢・便秘がちである
めまいや立ちくらみを起こす
生理不順・生理痛がひどい
疲れやすく、精神的に落ち込んだりする

「自律神経失調症」というのは正式な病名ではありませんが、
交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで、体温やホルモン量の調整ができなくなります。
その結果として、冷えを始めとしたさまざまな症状が現れます。

冷え性(自律神経の乱れ)の治療

冷え性は、症状やタイプを正しく見極めることが大切です。
自律神経が乱れる理由が、どんな生活環境にあるのかまずお聞きします。
また、末端の血管まで血液が行き渡らない原因を、触診で確認させてもらいます
体のゆがみやセルライトも、冷え性の要因となります。
原因と症状に応じて、治療させていただきます。

手技(マッサージ)で凝った部分をゆるめ骨を正しい状態へ調整したり、
鍼やお灸でツボに刺激を与えることにより血液の循環を改善します。

体と生活習慣が整うと、自律神経の働きも自然に正常へと戻ります。

当院の施術で、体がベストの状態で機能できるように目指します。
冷えやだるさに長年悩んでいる方に、「快適な眠りとさわやかな目覚め」を取り戻していただきたいと思います。

整形外科 交通事故治療
整形外科 交通事故治療
完治を目指して整形外科や那覇市首里にあるスマイル鍼灸整骨院で交通事故治療を

交通事故に遭ってしまったら、事故の大きさや怪我の程度に関係なく、整形外科など交通事故治療を行える病院へ行き、精密検査を受ける必要があります。ですが、その後の治療は?ということになると必ずしも整形外科など病院でなければならないということはありません。
交通事故による怪我は後遺症が残ってしまうケースも少なくありませんが、整形外科や那覇市首里にあるスマイル鍼灸整骨院にて正しい治療を継続していただくことでしっかりと完治させることが出来ます。
交通事故による怪我にはさまざまなものが御座います。骨折や脱臼、内臓の損傷など整形外科にて手術が必要となるような重傷、そして見た目や整形外科のレントゲン検査では異常が認められないような怪我もあるのです。交通事故による怪我のなかでも、画像検査では写らない「むちうち」に関しては、病院では痛み止めやシップを処方されるだけの対症療法にとどまることが多いです。那覇市首里にあるスマイル鍼灸整骨院では整形外科とは違った交通事故治療をおこなっており、当院の治療の方が素早く改善できる症状も御座いますので、まずはお問い合わせください。
また必要に応じて整形外科と連携をとりながら治療を行っていくことも可能です

見た目には分からない怪我についての治療

交通事故の怪我で特に多いむちうちは、骨が折れていたりヒビが入っているということが原因ではないため、整形外科の検査だけでは原因の特定が難しいのです。那覇市首里にあるスマイル鍼灸整骨院の検査にて関節や筋肉、骨格、靭帯などに生じている原因を見つけ出していくことが大切です。原因が判明すれば、適切な治療が受けられます。

完治するまで治療を続けましょう

交通事故後からきちんと治療を継続しているけれども、思ったように改善しない…とつらい思いを抱えてしまうかも知れません。完治までには時間を要する怪我も御座いますので、根気強く那覇市首里にあるスマイル鍼灸整骨院や整形外科の交通事故治療を続けましょう。当院は患者様の心のケアも大切に考えておりますので、不安なこと、お困りのことが御座いましたらスタッフにご相談ください。

 

小児の肘の痛みがでた時は那覇市首里にあるスマイル鍼灸整骨院へ

肘の痛み小児肘内障(しょうにちゅうないしょう)があります。小児肘内障は、1~4歳ぐらいまでの子どもに多く見られるケガの一種です。
正確には「橈骨頭亜脱臼:とうこつとうあだっきゅう」といいます。

ひじの関節の橈骨(とうこつ)という骨の頭の部分が靭帯から外れかかった状態です。
脱臼のように完全に抜けてしまうのではなく、ひじの関節の靱帯がずれた(亜脱臼)の状態です。

肘内障の原因は?
強い力で急に腕を引っ張っぱったり、両腕を持って宙に浮かせたりすることで起こりやすくなります。

また寝返りや、転倒して手をついたときに起こるケースもあります。
乳幼児は橈骨を支えている輪状靱帯 (りんじょうじんたい)の発達が未熟なため骨が逸脱しやすくなっています。

4~5才から小学校に入るくらいには、骨や靭帯が発達するため起こりにくくなります。

肘内障の症状は?

外れたときに強い痛みがあるため動かせなくなる
腕をだらんとさせた状態で上に伸ばせない
痛みでひじを曲げることもできない
腫れたり内出血などは無い
肩が外れたように見えることもある
子どもが腕を動かさず、「触ると痛がったり泣いたり」することで気付くことがほとんどです。

肘内障の治し方・整復・治療法は?

橈骨輪状靭帯を抑えながら肘を曲げ伸ばしをすると、元に戻せばすぐに動かせるようになります。
ただし時間がたつと腫れてきて修復しにくくなります。
しばらくは無理をさせず様子を見て、自由に腕を動かせるようになれば問題ありません。

肘内障は癖になりやすい

肘内障はくせになり、繰り返し起こしやすくなります。
急に腕を引っ張ったり、手を持って身体をぶら下げる遊びは控えるようにしましょう。

成長するにしたがって起こらなくなりますが、10歳を過ぎても繰り返すようなら、骨や靭帯にトラブルがあることも考えられます。
原因をはっきりさせ適切な治療を受けさせましょう。
お買い物など駄々をこねている子どもの手を引っ張ったときに肘内障になった、というケースをよく聞きます。

肘内障は日常の無意識な場面で思いがけなく起こります。
深刻な病気ではありませんが、乳幼児にかかりやすいため日頃の注意は必要ですね。

もし肘内障のような症状があった場合は、自己流で無理に治そうとしたりせずに、早い段階から那覇市首里にあるスマイル鍼灸整骨院にて治療を開始していくことをお勧めいたします。

成長痛・オスグッド

 

成長痛は、いわゆる骨端症(こったんしょう)とも呼ばれ、成長期に成長軟骨の部分に痛みを生じる障害です。


成長期ですから骨はどんどん成長するのに、筋肉によっていつも強く引っ張られていると言うような状況で、その「引っ張られる力」に、まだ固まっていない成長過程にある柔らかい軟骨が負けてしまい、炎症を起こしたり、ひどくなればその軟骨が剥離してしまって強い痛みがでます。
いつも激しいスポーツを行っている子供に多く見られる障害です。

痛みの出る部分

小学2年生から5年生ごろには「かかと」、5年生から6年生ごろには「膝」、中学生になれば「腰」、と言う具合に成長する骨によって痛む部分が変わってきます。
これは成長期によって大きく成長する部分が違うからです。
ヒザや踵へ掛かる負担を出来る限り軽くする為に、特に入念に運動前のウォームアップ〜ストレッチ、練習中の休憩時間にも出来ればこまめにストレッチを行って下さい。

運動後には痛みのある部分をアイスバッグなどで冷やすようにしましょう!これにより患部の腫れが、かなり抑えられます。きっと痛みが和らぐのも実感できるハズです。

オスグッド(成長痛)の治療

成長痛の疑いがあるのなら、まずは一度来院して下さい。
成長痛は適切な指導と治療さえ受ければ、タチの悪い障害ではなく、一時的にスポーツを休んで安静にしたり、専用サポーターやテーピング、ウレタン・パッドの装具療法により、膝や、踵の負担を取り除いてあげれば痛みが和らぎ、またスポーツが出来るようになります。
ただ、成長痛には個人差があり、自然に痛みが消える場合もあれば、無理をすればどんどん痛みが増してゆき、成長期が終わってからも痛みが残る場合もあります。


スマイル鍼灸整骨院ではどこの筋肉が引っ張る事により痛みが出ているのか細かく確認します。

治療の段階では

1.最新の電気治療器を使い筋肉を緩めて、患部の炎症を取り除きます。
2.原因となる膝蓋靭帯・靭帯付着部を無痛ゆらし療法で痛みを取り除きます。
3.原因となる筋肉・筋硬結部をテーピングにてピンポイントに狙い硬さを取り除きます。

1~3の行程全てにおいて原因となる筋肉・靭帯をしっかり狙っていきますので非常に治療効果が高いです。およそ通常で5回前後の治療でほぼ痛みは無くなりスポーツが痛み無く出来るようになります。
※症状の重い場合、症状の軽い場合、また運動量の個人差で治療回数は前後します。

これも成長痛?

2~7歳位のお子様に多く、日中、痛みもなく、元気に走り回っている子供が、夕方~夜にかけ脚、特に膝周辺の痛みを訴え泣きます。
病院に連れて行こうと朝起きたら忘れたようにケロっとしている。
このようなことで困った経験はありませんか?
活発に遊んだことによる単なる疲労が、痛みなどの経験の少ないお子様の不安感をあおり心の中で大きくなることで激しい痛みを訴えると言われています。

基本的には心配いらないのですが、新しく赤ちゃんが生まれてママからの愛情が減った。などといった事がある際に多い為、放置せず痛みを訴えている場所に軟膏を塗ってあげたりして愛情を注いであげて下さい。
実際に筋肉を痛めてたり色々な病気が潜んでいる場合があるかもしれませんので心配でしたら一度来院して下さい。

ストレートネックでお悩みの方でよくある症状

1
常に首が凝っている。
2
よく寝違いをおこす。
3
病院でストレートネックと診断された。
4
上を向きにくい。
5
首から肩、腕まで痛みやしびれがある。
6
頭痛がよくおこる。
7
真っすぐに立つと、頭と首が前に出ているのがわかる。
8
一日に10回以上はスマホを見る。
9
電車で座ったら、まずスマホを取り出して見る。
10
パソコンの操作を、1時間以上することがしょっちゅうだ。
11
PCはノートパソコンを使っている。
12
座ると猫背になっている。
13
「頭が重い」と感じることが多い。
14
いつも首や肩が凝っている。
15
お風呂は湯船に入ることがほとんどなくシャワーだけだ。
16
いつも半身浴をしている。
15
結構高い枕でないと眠れない。

 

ストレートネックについて

 

人の頭の重さは、体重の約10%と言われています。
その重さをさせているのが頸椎です。
首の骨である頸椎は、通常前方に向かって緩やかにカーブ(S字)していて、これがクッションの役割をして頭の重さを支えています。
また、頸椎がカーブしていることで、頭の位置が自然と後になり、背骨の真上に保てるようになっています。
この緩やかなカーブが失われてしまった状態をストレートネックといいます。
頸椎がストレートになった状態というのは、頭が後に保てないということであり、あごが突き出て頭全体が斜め前へ突き出た格好です。
こうなると、頭の重みがまともに頸椎(首の骨:頸椎関節)にかかることになります。
当然ながら、頸椎をサポートしている首周りの筋肉に大きな負担がかかります。
肩の筋肉も緊張しますので、血行が悪くなり、首や肩の凝りなどの症状が出てきます。
また、頸椎関節には多くの神経が通っています。
頭の重みで頸椎の関節と関節の間の隙間が縮まることで、隙間を通っている神経が圧迫され、手や腕のしびれ、頭痛といった症状が出てくることもあります。

 

ストレートネックの原因

 

ストレートネックになる大きな要因は、頭が前方に突き出した、いわゆる「うつむき姿勢」にあります。
実は、頭がわずか2㎝前にでるだけで、頸椎にかかる頭の重みの負荷は2倍に、4㎝前に出ると5倍の負荷かがかるとされています。例えば、体重60kgの人だと、頭の重さを6kg(前出:体重の約10%)として、2㎝で12kg、4㎝で20㌔の負荷ががかかると言うことです。
現代は、パソコンやスマートフォンの普及により、”うつむいている”時間がかなり増えているのではないでしょうか。

改善方法

頸椎関節は、いろいろな方向に曲げたり回したりできるように、やわらかくてしなやかな構造になっています。
そのためによくも悪くも影響を受けやすいことになります。

関節を緩める

ストレートネックになると、頸椎の一番上と後頭部の骨の間が狭まり、頭痛などの症状が出てきます。
この部分を緩めることで症状が緩和されたり、頸椎のしなやかさを取り戻せたりします。

首を暖める

関節は、冷えると動きが悪くなり、トラブルを起こしやすくなるものです。
簡単に暖められる方法の一つが入浴です。
シャワーだけではなく、しっかりと湯船につかるようにすることです。
目安としては、約40度のお湯に10分ぐらいつかるといいでしょう。
「うつむく時間を減らす」ということです。

パソコンでの作業などで、椅子に座っているときは、骨盤を立てるように座りましょう。
背もたれのある椅子は、深く腰掛け、背筋を伸ばします(背筋に力を入れると骨盤が立って背筋がピンと伸びるはずです)
長時間になるとどうしても、猫背気味になってしまいますので、こまめに休憩をすることが重要です。パソコンの場合は、モニターの高さに応じて椅子の高さを調整し、目線と画面が水平になるようにしましょう。

 

首里スマイル鍼灸整骨院では、ストレートネックの方への治療方法は検査、問診をして頚椎、胸椎、腰椎の調整、鍼灸治療、整体、筋肉の緊張を取り除き改善をしていきます。
現代社会ではかなり多く出ている症状です。
しっかり治療して快適な生活をしていきましょう。

那覇市首里スマイル鍼灸整骨院での坐骨神経痛の治療
坐骨神経痛でお悩みではありませんか?

・腰・おしりに痛みがある
・少し歩くと足の痛みやだるさで歩けない(少し休むと回復する)
・咳・くしゃみで腰やおしりが痛む
・長時間立ったり座ったりの同じ姿勢がつらい
・片脚のみがとにかく痛い・しびれる(足の指先)
・突発的な動作で、お尻や足先に電気が走ったように痛む
・脚の一部の感覚が鈍い(特に足の指先)
・足先が冷たく感じる
・横になっているのが楽である

 

1.坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは病名でなく、坐骨神経を圧迫することで生じる痛みやしびれ全般を指していいます。
身体の中心にあり支えでもある背骨や、それに沿ってある神経は、大切な役割を果たしています。しかし負担の多い部位でもあります。
仕事で腰を使う、または座りっぱなし、同じ姿勢のままでいなければならないなど、腰や下半身を酷使する方は、坐骨神経痛になりやすいリスクが高くなります。
また関節の硬化や、筋力の低下も坐骨神経痛の原因ですが、それらは加齢にともなうものです。
坐骨神経痛になることで行動が制限される、あるいは高齢となった時に介護が必要となることは、できるかぎり避けたいものです。
日常生活で気をつけること、予防できることは積極的に行いたいものです。

2.坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状は、何となく感じる違和感から歩行もできないほどの鋭い痛みまで、さまざまです。
症状の出る部位で多いのは、腰まわりやお尻、太ももが中心で、ふくらはぎやすね、足の裏というように、下半身の一部から広範囲にまで及ぶこともあります。
痛みの程度も段階的で、軽い痛みやしびれ、またズキズキする鋭い痛みや歩行が困難になるほどの激痛まで、人それぞれです。
また痛いわけではなく、熱をもった感じや逆に冷たい、力が入らない、足の裏では皮膚が厚ぼったくなる感覚などと、いずれも不快なものです。

 

3.坐骨神経痛の原因

 

坐骨神経痛の原因には、具体的な疾患が背後にあります。50歳代以降で発症しやすい「腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)」は、そのひとつです。
腰のあたりで狭くなった脊柱管が神経を圧迫することで痛みや麻痺が出現します。
若い年代の方で多いのは「腰椎椎間板ヘルニア」です。背骨のパーツ間でクッションの役目を果たす椎間板には、柔らかいゼリー状の髄核(ずいかく)というものがあります。
何らかの圧力により髄核がはみ出し、脊柱管内の神経を圧迫し、坐骨神経痛の原因となります。
アクシデントによる外傷や過度なスポーツトレーニングなども、坐骨神経痛の原因となります。お尻の奥にある筋肉を梨状筋(りじょうきん)といいますが、その部分が圧迫されると痛みやしびれが起こる場合があります。梨状筋症候群という名称がついています。
また骨盤内や脊椎の部位で炎症が起こる、あるいはがん細胞が増殖しているなどの原因によって、坐骨神経痛が生じているケースもあります。

 

4.坐骨神経痛の治療

 

スマイル鍼灸整骨院の施術方法

 

スマイル鍼灸整骨院の施術は、検査、触診、問診をして原因を絞っていき幅広い治療や考え方で治療をしていきます。
整体、骨盤矯正、鍼灸治療、手技療法、運動療法などを体の状態に合わせて治療していきます。
痺れがでてきたらほったらかしにせずに、早めの受診をおススメします。
早期発見、早期治療を心掛け施術をしていきます。

捻挫

 

スポーツをされている方は特に捻挫を起こしやすいと言えます。
捻挫をしているのに、試合が控えているから…と、とりあえずテーピングなどで応急処置をして無理をしてスポーツを続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 


きちんと完治させないと後遺症が残ってしまうことも御座いますので、那覇市首里汀良町のスマイル鍼灸整骨院で適切な治療を受けるようにしてください。
「最初の処置が肝心です」
捻挫を負ったときには、とにかく最初の処置が肝心です。無理して動かしたりせずに、氷水などで十分に冷やしてあげて、安静にするようにしてください。最初にどのような処置をしたのかによって、今後の状態が左右されるのです。
捻挫はお風呂で温めたり、マッサージをしたりは逆効果ですので気をつけてください。そしてお早めに那覇市首里汀良町のスマイル鍼灸整骨院にて治療をスタートさせましょう。
「日常生活に支障のないような治療」
急性期の捻挫の最適な治療というのは、安静にしておくということです。本来ならばギプスなどで固定するのが良いのですが、それでは日常生活に支障をきたすことになってしまいます。

 


そのため、那覇市首里汀良町のスマイル鍼灸整骨院では、必要最低限の固定をおこない歩いたりするのには痛みもなく、動きの制限もないようにしていくことが出来ます。

 

スキューバダイビングでの怪我

スキューバダイビングで怪我をした時は那覇市首里にあるスマイル鍼灸整骨院まで
ダイビングでの腰痛の原因は、重たいウェイトやタンクが原因となって腰痛になっていることが多いです。
更にダイビング初心者の場合は、まだ力の入れ加減もわかっておらず、ムリな背負い方や歩き方をしてしまい、慣れているダイバーよりも腰への負担は重い可能性があります。


主な腰痛の原因

同じ姿勢で長時間の作業
同じ作業を何度も繰り返す
体が疲れているのに潜ろうとした時
冷えて腰の筋肉がこわばりその状態でタンクを持ち上げてしまう。
事故・手術、またはヘルニアなどの腰の疾患
ただ、ダイビングの場合は、陸上で重い機材を背負う時間は限られていますし、腰が極端に痛くなる場合は、元々腰痛持ちの人が、ダイビングをきっかけに腰痛が再発したかもしれません。

ダイビング時の腰痛対策

器材を背負うときは、一人で無理して背負わずにバディやショップのスタッフに手伝ってもらうこと。
一人で無理な体制で器材を背負うと、腰痛だけでなく、怪我の原因にもなります。無理せずに誰かに手伝ってもらいましょう。
また、水面で器材を背負えるのでしたら、その方が腰への負担が軽くなりますので、ショップのスタッフに相談してみましょう。
適正ウェイトを知る

基本中の基本ですが、オーバーウェイトで潜らないようにすること。
また、腰にウェイトを集中させることによって、腰に負担をかけている場合もありますので、ウェイトベストやアンクルウェイトを上手に活用して、ウェイトを分散させると腰への負担が軽くなります。
腰の痛みがきになるのなら、無理せずダイビングを中止する
一時の無理のせいで、歩けなくなるほど腰痛がひどくなる場合もあります。
痛みが気になるのなら、ダイビングを中止してなるべく早めに病院で診てもらいましょう。

腰痛持ちでもダイビングはできる?

—腰痛持ちのダイバーは多いようですが、潜ってもいい目安はありますか?
ダイビングで腰痛が悪化することはありますか?
動作や冷えによる影響があります。うまく中性浮力がとれず、姿勢を変えたときに腰痛がみられることもあります。また、緊張のために腰の筋肉が硬直して痛むこともあります。
那覇市首里にあるスマイル鍼灸整骨院では、沖縄のきれいな海で潜って楽しんでもらいため観光の方から地元のダイバーまで治療をしています。
気候や季節によって、海が変わってきます。海が変わっても体が良い状態なら潜ることができるかと思います。常に体のメンテナンス、アクシデントが起きた時にも早く対応して怪我が治るように治療を心掛けています。


鍼灸治療や、整骨治療。整体、ストレッチ、骨盤矯正なども合わせて施術をしています。
那覇市首里にあるスマイル鍼灸整骨院で体を整え、ぜひ素晴らしい海の世界を堪能していただきたいのです。

SONY DSC

ネット予約

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
四十肩治療館 おすすめ優良サイト
Instagram

不妊治療病院

小児科通院病院

産婦人科通院病院

痛み・症状の治療

スポーツ障害治療

spanish

chinese

korea

台湾

提携治療院

埼玉県春日市ケアメディカル鍼灸整骨院

東京都中央区サンメディカル鍼灸整骨院

桜モンデックス訪問マッサージ院

市川大門鍼灸整骨院

アイメディカル鍼灸整骨院

仙台メディカル鍼灸整骨院

なごみ整骨院

キュアメディカル鍼灸整骨院

医療法人セントペアレント石間

伊波レディースクリニック

提携学校

提携不動産

サンデイ不動産

FCゴールデンキングス></a></div>

<div class=FC琉球
琉球コラゾン
キングスダンサーズ
DEIGOS
クロス×ライン
teeteetee
プロ野球キャンプ
美ら海サッカーキャンプ
フットサル東浜
九州なでしこクラブ
ジュニアアスリートプロジェクト
ソーフプライア
宜保 和也
A WICH
manami
sky's limit
きいやま商店
粒
鳥心
ハーレーダビッドソン
美容鍼ナビ

交通事故提携法律事務所

那覇市首里スマイル鍼灸整骨院に来院している学生の地域の学校

首里高等学校首里東高等学校、真和志高等学校、那覇高等学校、小禄高等学校、那覇西高等学校、那覇国際高等学校、沖縄工業高等学校、那覇商業高等学校、泊高等学校、美里高等学校、コザ高等学校、球陽高等学校、美里工業高等学校、美来工科高等学校、石川高等学校、前原高等学校、具志川高等学校、与勝高等学校、中部農林高等学校、具志川商業高等学校、浦添高等学校、浦添工業高等学校、那覇工業高等学校、陽明高等学校、浦添商業高等学校

那覇市首里スマイル鍼灸整骨院の患者様、県内ご来院エリア

糸満市、豊見城市、那覇市、浦添市、宜野湾市、沖縄市、南城市、知念村、佐敷村、大里村、八重瀬町、南風原町、与那原町、西原町、北中城村、嘉手納町、うるま市、南大東村、石垣市、名護市、沖縄市、宮古島市、南城市、国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、宜野座村、金武町、伊江村、嘉手納町、北谷町、中城村、渡嘉敷村、座間味村、粟国村、渡名喜村、北大東村、伊平屋村、伊是名村、久米島町、多良間村、竹富町、与那国町

沖縄県全域からのご来院があります。離島や県外からも患者様がいらっしゃします。